MENU

診療内容

診療内容

内分泌・甲状腺

内分泌とは、ホルモンのことです。ホルモンが多すぎる、少なすぎる、もしくはうまく伝わらない…というときに起きる異常が内分泌疾患です。
多いのは甲状腺の病気で、バセドウ病や橋本病と言われる病気です。
疑って調べれば血液検査や尿検査でわかるのですが、つい見過ごされてしまい、更年期障害など他の病気だと思われているケースもあります。

  • 動悸、手がふるえる、だるい、むくみ、といった症状がある
  • ものが飲み込みにくい
  • 眼球突出/まぶたの腫れ・むくみ
  • コレステロールの値が基準値より高い/低い
  • 喉(首の前部)の腫れやしこりを指摘された
  • 採血検査で甲状腺関連の数値 (TSH、FT3、FT4、サイログロブリン等)で異常を指摘された

甲状腺機能異常が生じると様々な症状が現れます

甲状腺機能亢進によるもの
甲状腺ホルモンの分泌が多い

主な症状
  • 暑がりである
  • 脈拍数が多く動悸がする
  • 手足が震える
  • 汗が異常に多い
  • 食欲が旺盛である
  • イライラする
  • かゆみがある
  • 口が乾く
  • 不眠
  • 微熱が続く
  • 息切れがする
  • 排便の回数が増える
  • 眼球が出てくる

甲状腺機能低下によるもの
甲状腺ホルモンの分泌が少ない

主な症状
  • 寒がりである
  • 脈拍数が少ない
  • むくむ(顔・全身)
  • 体重が増える
  • 気力がない
  • 皮膚が乾燥する
  • 声が枯れる
  • 眠気を感じる
  • 物忘れしやすい
  • 動作が鈍い
  • 便秘
  • 筋力が低下する

共通する症状

  • だるさを感じる
  • 疲れやすい
  • 髪の毛が抜ける
  • 甲状腺が腫れる

当院での検査・治療について

甲状腺の迅速検査ができます。

甲状腺ホルモンの迅速検査(血液検査)、甲状腺エコー(超音波)検査を行っています。
甲状腺ホルモンは院内にて当日結果がでますので、後日再来院していただく必要がなく、早い段階での治療開始や投薬調節が可能です。

甲状腺疾患の治療

甲状腺の状態に合わせたお薬での治療が中心です。
検査結果を見ながら、適切な治療をご提案いたします。